食生活と体臭には関係がある?

日本でもワキガに罹る人が増えていますが、日本人の食生活が欧米化していることが原因のひとつと言われています。

「肉食の人はワキガになりやすい」などという話を耳にすることもありますが、

それは本当なのでしょうか?

ワキガは遺伝による要因が大きいが食生活も影響している

ワキガはアポクリン腺の数が多い人が罹りやすい遺伝による要因が大きな病気です。

しかし、アポクリン腺が普通の人より多いだけでワキガに罹るかといえばそうではなく、汗に含まれるタンパク質、脂質、糖質が肌にある雑菌によって分解されることであの特有な臭いを発生させています。

これが「肉食の人はワキガにかかりやすい」と言われる要因なのです。

日本人の食生活は昭和の後半から欧米化が進み、肉類を食べる量が増えてきました。

欧米人は日本人よりもワキガになりやすいと言われていますが、食生活の影響も大きいのです。

肉中心の食生活を続けている人は摂取する脂質や糖質の量も多くなり、皮脂も脂っぽくなり分泌される量も増えてしまいます。

皮脂は肌に生息する雑菌の大好物ですから、アポクリン腺から分泌された汗と混ざりあって、雑菌によって分解されることでワキガ臭がきつくなってしまうのです。

食生活を改善することでワキガ臭が改善される

では食生活を肉中心から野菜中心に切り替えることで、ワキガを予防したり治療することは出来るのでしょうか?

残念ながらワキガは遺伝による影響が大きい病気のため、

それだけではワキガを防ぐことはできません。

野菜中心の食生活をしている人でも、アポクリン腺の数が多いとワキガになることもあります。

しかし、

皮脂の分泌量を減らすことでワキガ臭を軽減することは可能です。

もちろん肉を食べる行為そのものが悪いわけではありませんが、過剰なたんぱく質や脂質の摂取は体臭をきつくする原因となります。

ワキガでお困りの方は食生活の改善を試みてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です